お薦め情報

お薦め情報が入り次第更新致します。

その他・お薦め情報

椎間板ヘルニアの手術について

椎間板ヘルニアでは、排尿、排便が困難になる障害(障害膀胱直腸障害)が出現したり、痛みやしびれ、麻痺などがひどくなってくると、早急な手術を検討する場合もあります。 また、日常生活や仕事への早期の復帰を目指す場合も手術を決断することがあります。現在、最も新しい方法と言えるのが、レーザー治療や血圧降下剤による治療です。レーザー治療の中では、高出力レーザーによる経皮的髄核減圧術、いわゆるPLDDが主流になります。

PLDDは日帰りでの治療が可能という大きなメリットがあり、特に症状はそれほど重くはなくても早期復帰を目指している方にとっては主流になりつつあるようです。突出せずに椎間板ヘルニアの中心部に残っている髄核をレーザーで照射し、蒸発させることによって神経根を圧迫しているはみ出た髄核を減圧させるのが原理ですが、傷も注射の穴とほぼ変わらず、侵襲性も低いというメリットがあります。

費用については保険適用ができず、かつ高額ですので、医療ローンやクレジットカードなどの利用が一般的です。ラブ法(LOVE法)は全身麻酔の後、背中側から5センチ程切開して腰椎の一部を削ります。目視下で行われ、治療時間は1時間程度、また入院は1週間が目安です目視下での治療のため、内視鏡術のような高度な技術が必要でないという点、侵襲性が低いという点がメリットです。

その他には、MEDで知られる内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術や、PN法、椎弓切除術などがあります。巨大な椎間板ヘルニアを摘出した影響で椎間板ヘルニアがつぶれてしまったりすると、前後の腰椎が不安定を起こしてしまう場合があります。この場合は、脊椎固定術を用いて骨を固定する場合が多くなります。

通常は金属金具などで椎体どうしを固定し、その後固定された部分に骨が形成されたり癒着が見られれば取り出すこともありますが、固定のままにする場合もあります。この他、日本ではあまり用いる例が少ないのが、パパイン療法です。椎間板ヘルニアの中に注射を使ってパパイン酵素を注入し、溶解させる方法ですが、アメリカでは多く用いられている方法です。

お薦めサイト情報


犬の無駄吠えでお困りの方はこちら→犬の無駄吠えを2秒で止めさせるしつけ方法をご紹介

五十肩でお困りの方はこちら→五十肩119番