椎間板ヘルニア治療体験記 » すべり症の治療方法

すべり症の治療方法

高齢者の腰の痛みの原因の一つとしてすべり症と呼ばれる病気があります。これは腰の病気の一つで、年齢を重ねるごとに次第に筋肉が衰え腰が弱くなってしまうことで腰の骨が徐々に前に行ってしまうという病気です。

ではなぜこの病になってしまうと痛みが出てきてしまうのでしょうか。腰には様々な神経があるのです。その中の骨の一部が前に出てきてしまうことで神経にあたり痛みを伴うというものです。

悪化してしまうと脊柱管狭窄症などの病気を引き起こしてしまいさらに痛みが増したり、歩行障害を引き起こしてしまったりしてしまうこともあるのです。

なので、発症してしまったらしっかりと治していかなければなりません、ではこのすべり症はどういった方法で改善していくものなのでしょうか。

改善に一番大切なことというのは安静にするということです。すべり症が痛みを伴う理由としては腰を動かすからなのです。なので、安静にすることで痛みを和らげ治すことができるようになります。

さらには筋肉を温めるといったことも効果的です。痛みの原因は血行が悪くなってしまっているというのもあります。なので、しっかりと筋肉を温めて血行を良くするということで痛みなどを抑えることができるようになるのです。

ほかにも様々な改善法がありますが、それぞれ自分にあったやり方を行うというのが重要です。症状などは人によって変わるものです。

なので、自分にあったやり方をしなければ効果が出ないこともあるのです。しっかりと治療を行うためにはまずは病院にいって自分の症状がどうなっているかということを確認し、それにあった方法を行うように医師と相談しましょう。

適切な治療を行えばすべり症というのはしっかりと治すことができる病気なのです。