椎間板ヘルニア治療体験記 » すべり症と診断

すべり症と診断

腰に痛みを覚える、腰痛がなかなか引かなく、長引く、などの様々な理由により病院にかかり、すべり症や腰椎分離症などと診断されたとしましょう。ここで、「すべり症や腰椎分離症は一生治らない」という説明を受けるかもしれません。

実際、すべり症や腰椎分離症の治療をしても、症状が進行していた場合には、骨癒合の可能性が期待できなくなってしまうため、完治が難しくなるためです。

しかし、ここで誤解が発生しないように申し上げておきたいのは、「すべり症と診断された場合、その後の一生ですべり症の痛みと戦っていくことになってしまう」、というのは間違った解釈であるということです。

これは、腰部の疾患に限ったことではありません。関節の疾患において非常によく出る誤解なのですが、100%の完治は見込めないということではあるものの、それにはそれで対処法はちゃんと存在します。

確かに、すべり症を患っているのなら、そうでない正常な腰の状態よりも腰痛などの問題が発生する可能性は比較的大きくなるわけです。

ですが、腰部の痛み程度であれば、すべり症を患わずとも誰にでもその危険性はあるのですから、気にしすぎることはありません。もちろん、何もせずに放置してしまえば、悪化させる可能性はあります。ですが、多くのケースで適切な治療、トレーニングを行えば、いつもどおりの生活に戻ること分可能です。

また、順調に治療が進んだのであれば、スポーツを行うことも可能です。また、すべり症では痛み方にも個人差があります。極端な例ではすべり症を患っているにも関わらず、特に痛みを感じずに過ごしているということもあります。

すべり症の診断を受けた場合は、必ず病院の医師や専門家の指示に従いましょう。痛みが強い初期には安静が必要となります。

間違っても運動や労働は行わないようにしましょう。痛みが長引くなどの症状が続いている場合は、そのことをきちんと医師に相談し、治療の方針を決めましょう。