椎間板ヘルニア治療体験記 » 枕との関係性

枕との関係性

腰痛、肩こりや頭痛、不眠症などがなかなか治らず常に健康状態が悪いと思っていたら、枕が健康不良の原因だった、ということはよくあります。

睡眠は、日中に使った身体をリセットして、翌日にも同じリズムで行動できるように身体を整え健康にします。睡眠はどのような動物でも健康に必要なものですが、最近では特に熟睡できるという方が減っているそうです。また、睡眠できずに悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

これらの原因の1つとしても考えられるのが、枕のよしあしです。それに思い当たることが出来ず、何が原因なのかを考えこんでしまい、ついには熟眠障害になって健康を崩してしまうケースも多いようです。

枕は、寝ている間も起きて活動している時同様の姿勢を維持するためにあるものです。また、ただ頭の下に置くだけの物では決してなく、首から腰まで、寝る姿勢を決定すると言うことも可能です。

枕の具合がわるい状態とは、まず首の辺りが安定せずに、全身が無理な姿勢になってしまうことです。また、低すぎる枕は頭に血が上ってしまい、程度が悪いとのぼせたような状態になることもあります。

逆に高さが有りすぎる場合は、骨や筋肉などへ影響し、肩凝り、ヘルニアなどを誘発する可能性があります。

きちんと自分にあったものを使用していても、時間が経つにつれ、消耗していきます。ですので寝心地がわるい、夢見がわるい、など健康に不調を感じるようなったら枕を取り替える時期だと言えます。頭を一定時間継続して乗せているのですから、やはりへこみも出てきます。

中身によっては偏りなども出てきて、何度もたたいたりしなければならなくなる場合もあります。

しかし、健康にいい枕を選ぶことはそれほど簡単ではありません。また今では色々な素材のものがありますが、なかなか全てを試して自分の健康に合うものを探す機会を作るのは難しいことです。

1つの方法として、医師に相談してみるのもいいと思います。病院によっては医療の観点からの開発をされて、患者さんが購入できるようにしているところもあるようです。