椎間板ヘルニア治療体験記 » 口臭はバロメーター

口臭はバロメーター

人と接する時自分の体臭はやはり気になるところです。相手を不快にさせてしまったり、マイナスイメージを植えつけてしまう恐れもあるので、そうしたにおいに関するケアは怠らないようにしているという方は非常に多いのではないでしょうか。

そうした体臭の中でも気になるのが口臭です。口臭は中々自分では気がつかないもので、人に指摘されて初めて気づいたという方も中にはいるのではないでしょうか。

食後の口臭を消す商品は多く出ていますが、実はそうした口臭は健康の不調を訴えているバロメーターである可能性があります。

口臭の一番の原因は歯周病や舌苔といわれています。歯周病は歯磨きの不足などが原因で細菌が歯茎に感染してにおいを発するなどの症状を発生させており、舌苔は舌についている白い苔状のもの、食べ物のかすなどが集まった結果出来上がっています。

こうした原因は毎日の歯磨きやプラークコントロールにより治療したり取り除いたりすることが出来ますが、こうした口中内の原因以外に内臓が健康を損なっていることにより口臭が変化している場合もあります。

口臭の原因となる内臓の健康障害として挙げられるのが胃と肝臓です。普段食べ物はいに送られた後消化されて栄養素が吸収されていきます。

その時口臭の原因となる成分も出るのですが、それらはまとめて血管を通って肝臓に運ばれていくので、健康な状態ならば口臭に変化が表れることはありません。

ですが、肝臓の健康が損なわれ働きが鈍くなっている場合、本来送り込まれるはずだったものがいの中に残ってしまうため匂いが口の中に逆流してしまい口臭が発生してしまうのです。

その時のにおいはねずみ臭と呼ばれており、卵の腐ったにおいやカビのにおいなどのようなひどいにおいを発するのだそうです。

内臓の健康障害が原因だった場合はいくら歯磨きしても改善することは無いので、すぐに病院に行って検査してもらいましょう。