椎間板ヘルニア治療体験記 » 年齢と筋力の衰え

年齢と筋力の衰え

年齢とともに、運動不足や、加齢による筋力の衰えは自然になることなので、ある程度は仕方がないことです。ただし、放置すると、体力の低下など、日常生活に支障をきたすことがあります。

肩や腰などの健康にも影響が現れることがあるので、ウォーキングなど軽い運動を取り入れるようにすることが望ましいといえます。

老化の原因として、多いのが不規則な生活や食事、徹夜や運動不足、飲酒、喫煙などがあげられます。これらが重なると、一般的に言われる「生活習慣病」という部類になるので、それによって、健康をさらに害することになると考えられます。

出来る限り、そのような「老化を早める」ような要因は、避けるようにすることが望ましいでしょう。特に、生活の中で、自分で避けることができる病気の原因も一定ながらあります。

それらの病気については、出来ることであれば、早い段階で、治療に専念するようにしてください。放置するとさらに病状が悪化し健康を崩してしまう危険性があるので、特に体力の低下が顕著な場合、医師に相談するなどの処置が必要になることもあります。

病気に関しては、出来ることであれば、生活習慣病の原因になるこれらの問題について、自分の意思によって、解決できるように生活のリズム全体を見直すようにすることが望ましいでしょう。

ですが、実際にはなかなかそのようなことが難しいという現状があります。放置すると、病状が悪化してしまうこともあるので、いろいろと健康面では、気を使うようにすることが望ましいといえます。

不健康な生活は、早期に治療をしなければ、それが慢性化して体力の低下と成人病の原因などにもつながります。

本人自体は、それに気づいていないことがあっても、それらの症状が最終的に健康に極めて悪い影響を与えている可能性があるということを、十分に意識してしっかりとした対策を講じられるようにすると、病気に対しても対応力が身につくようになっていくはずです。