椎間板ヘルニア治療体験記 » 腰椎分離症の原因

腰椎分離症の原因

腰椎分離症の原因は一体どこにあるのかと気になる方は多いでしょう。疲労骨折までするような激しいスポーツをしたことは無いが、腰痛に悩むことは多い、などの方にとっては原因がいったい何なのか、とても気になります。

可能性としてもっとも大きいのは、生活習慣が原因となる腰椎分離症です。本当に少しずつ腰椎が前方あるいは後方へすべっていき、そのまま定着してしまいます。

腰を曲げる作業を長い間続けていれば、当然、腰椎分離症になる可能性が高くなるでしょう。またこの姿勢については、デスクワークなどでも同じ結果になることが多く、腰椎に負担をかけない仕事というものはそもそもあるかどうかも疑問、ということになってしまいます。

長時間連続してデスクワークしてしまう、という忙しい方が多い環境のため、その合間に休みをとるということもできない、、という方も多いようです。

また食生活についても偏った食事を避けることは必須の条件でしょう。水泳などで全身の筋肉を使い、身体のバランスを考えることも重要です。

このようないわゆる当たり前の健康を保つ生活、というものがなかなかできない、と言われる方が多い現状ですが、腰椎分離症を予防するためには、各個人が習慣をつけるしかないでしょう。

仕事先で自分だけがそのような余裕を持つ、ということはなかなか難しいものかもしれません。自分にあった健康法である、ということを当たり前なものと認識してもらえるような環境にあればそれで運がよかった、ということになります。

忙しい時間、そして楽しい時間、それぞれに長い時間をかける習慣から、少しでも日本人が開放されてくることが必要ではないでしょうか?このような状況にあって、腰椎分離症の解消方法を知っておくこともとても大事です。

簡単で短い腰椎分離症の改善方法としては、背伸びなどをして筋肉をほぐすことも痛みが無い腰椎分離症ではとても効果があるとのこと、、やはり筋肉を鍛えることも大事です。仕事が終わってからジムなどへ通われる方はかなり効果的に消化されているのではないでしょうか。